挫折●テニスのインストラクター時代

テニスにはまり、テニスのインストラクターをしながら、「全日本選手権出場」という夢を追いながら、日本全国のトーナメントに出場するが、夢破れ挫折を味わう(実力が足りなかったんです。。。)。

学ぶ●書店時代

本の売り方や売るための工夫の仕方を学ぶ。

経験●編集プロダクション・出版社時代

書籍の企画・編集を中心に担当するかたわら、雑誌編集や広告ADに携わる。このときに本を売るためのPR(パブリシティ)というすばらしい武器を学ぶ。
パソコン書や実用書を中心に扱うなかで、カタイ文章は、読者に伝わりにくいと実感し、人にわかりやすい、やさしい表現や見せ方(レイアウト)を学ぶ。
出版社では、編集者をしながら、取次さん(出版の問屋さんです)への営業も経験。仕入れ担当者がどのような基準で仕入れを行うかを知る。

独立●独立

2001年に独立し編集プロダクション「有限会社クラップス」を設立。
2006年、これまでの編集経験を活かし、本を一冊も出したことがない人に向けたサポートサービスを行う「出版サポート事業」に乗り出し現在に至る。
出版業界も15年超、現在も現役の編集者。

“本”は、とってもすばらしいモノです。

私が得意なものは、実用書、ビジネス書ですから、
「困った人を助ける」ものがほとんどです。
多くの人の“困った”を解消する本です。

そのため、多くの読者に喜ばれます。

場合によっては、本を読むことで、その人の人生を変えることもあります。


ぜひ、あなたもそのような本を、商業出版にて出版してください。

読者にとって「ためになる」本を一緒に作りましょう!

藤木大吾

閉じる
クラップスのホームページへ